8/16(土) ◆決戦!嵐山◆

金曜の夜から新幹線にのって、京都に行ってきました。


車中の夕食の駅弁(品川で購入)






新幹線に乗ること2時間ちょっと。





京都に着いたああああああああああああああああああああああああああああああっ!




記念に京都タワーを一枚。




京都駅から程近い「リーガロイヤルホテル」ってとこに泊まりました。
シティホテル。




そして、次の朝。


「ブッフェ」で朝食。パンフに「ブッフェ」って書いてあったから、「ビュッフェ」ではなく「ブッフェ」なのだ。



一般で食べようとすると、2500円ぐらいするっぽい。高すぎでしょ〜・・・。

そしてこのホテル、外人さんが多かった。ブッフェ内も外人さんだらけでした。



◆本日の探索コース

1、三十三間堂

2、祗園

3、嵐山


です。

メインは嵐山の「灯篭流し」

それが見たくて京都に来ました。



灯篭流し
=供養をするためにろうそくの火をつけた舟を川に浮かべて流す。





じゃあ、京都駅から出発の記念に、京都タワーを1枚。







三十三間堂。堂内撮影禁止・・・。1001体の像を拝んできました(何体か修復中でしたが)












三十三間堂を後にし、祗園へ向かう。



祇園近辺のコロッケ屋「半蔵」



スペシャルコロッケの中身。

ポテト入り っぽいけど、ポテトってコロッケの主成分じゃん・・・




そして、 知恩院 へ寄り道。



そーいや知恩院って行ったことないなあ。































山亭庭園の上から、京都市街を。





こりゃー気持ちいい。











知恩院ってデカい寺だなあ。
庭は立派だけど、それ以外は特に特徴がないのかな?と思ってたら・・・


この床。



ああ、これがあの有名な 
鶯張りの廊下なのかーっ
ピヨピヨと音が鳴りました。








そして知恩院を後にし、祗園白河へ。


風情がある町並みだぜ。



路地裏もイチイチ風情があるぜ。



人が居ないぜ。



ぜんぜん人が居ないぜ。



と思ったら、
お盆休みでございました。

お盆こそ書き入れ時じゃないのかな〜〜・・・・。

さすが祗園白河。一見さんお断りゾーン。



祗園の方は賑わってました。




ぷらっと歩いて、京都駅へリターン。


京都駅と雲を記念に一枚。








嵐山へ。



渡月橋。

と、嫁の日よけ対策に購入した番傘。




灯篭流しの位置も確認。









そして腹が減ったので、ミンチカツを購入。



ほうじ茶ソフトクリームも購入。






竹林へゴー!








残念だ。



残念な傷跡だ。

いたるところの竹に刻み傷がついてました。残念だ。日本人の低モラルが残念だ。


しかし竹林はきれいだ。癒される。







化野念仏寺を目指してたんですが、休憩もかねて二尊院へ。
(このパソコン、漢字変換が全然出てこないからガッカリ。)









特におもろい写真も無かったので、念仏寺へ。



道中の上り坂も良い雰囲気。



車でブオーんと行かれるのが少し興ざめ。



そして、化野念仏寺(あだしのねんぶつじ)に到着。

遠かった・・・。



800体の石像が並ぶ寺。












さっきから雨がちょっとちょっと降ってきたので、雨宿りもかねて休憩。
















天龍寺の近くにあるソフトクリーム屋。逆さまにしても落ちない濃さ。
これは豆腐と黒ゴマのソフトクリーム。嵐山に来たら必ず食べてる気がする・・・。



この店。












灯篭流しは19時から開始ですが、
川の目の前の場所取りもかねて、2時間前から休憩。





こんな感じの客入り。





日が沈んできました。



そしたらこんな感じ。




川の流れの速さを調べる意味での一隻。



わりと直前。



夕焼けの時間。





10分前。





開始。



少しずつ、流される灯篭。



















しばらーく、しばらーくキレイで幻想的な灯篭を見てて思いましたが、
これ、花火大会なんかと違って、イベント中に盛り上がるとかの「波」がない

川だけに。



なので、開始時にいても、途中から来ても、見れるものは一緒。






さて、帰るか・・・。




まだまだ灯篭が控えてました。



開始からしばらくしても、灯篭の受付を締め切ってないから、相当量を流すんだろうなあ・・・・。









帰りは烏丸三条で清水寺ライトアップの帰り客群と当たってしまい、
バスが満員で乗れませんでした・・・。

タクシーでホテルへ。



そんな京都旅行一日目でした。



--------------------------------------------------------------------------

-サイトのトップへ-